板前回転寿司 おすし お江戸
メニュー
  お品書き
 
  お江戸の極み
  東へ行けば・・
  求人情報
  お江戸の歩み
  りんく
  店舗紹介
  スタッフ紹介
 

本マグロトロ

 

 

 

 

東へ行けば・・
 

おすし お江戸のネーミングの由来から始めましょう。
おすし お江戸が板前回転寿司屋として創業したのが今をさかのぼること7年前、平成11年の事でした。その前後から携帯電話が大人の一人に一台の時代となり始めました。
今までの固定電話の時はどこに掛けたのかは当然わかってました。(例えば自宅や会社)しかし、携帯電話では誰に掛けたかは当然わかるのですが、掛けた相手がどこにいるのかはわかりません。そこで、よ〜く聞いてみるとかけた方はかけた相手がどこにいるのかを”いまどこ〜とかどこにいるの?”とか尋ねていたのです!!
そんな時、おすし屋をすることになりそのネーミングを考えていましたので”いまお江戸”なんて言ってもらえたら楽しいだろうと考え、名前を”おすし お江戸”としたのでした。
それから2年後には、幸運にも恵まれ現在の地、小倉北区清水に移転するはこびとなりました。


そんな移転後のある日、本屋さんにだったか何かで昔の街道に関する書物を目にする事があり、かの有名な長崎街道がなんと!!なんと!!お江戸の横の道であることがわかりました。(ローソンさんとの間の道)
とすると、普段毎日目にし通ってるあの道には、坂本竜馬をはじめとする歴史上の人物が日常的に通っていたのです。
え、するとこの道を東へ東へゆけば・・・・・
そこは、日本橋、お江戸!!!!!!
ま〜!!なんてことでしょう。
実を言うと屋号の由来は携帯電話の時代からつけたというのに、たまたま運よく移転してみたら旧長崎街道沿いだったとは・・・・・
・・・・ということでお江戸の前の道を東へ行くだけで本物のお江戸にたどり着くのでした。   つづく


 
The Sushi Oedo

Produced by Comix

 

Copyrigt(C)The Sushi Oedo .2006 All right reserved.